キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

シンガポールの住みやすさ

旅行

シンガポールの住みやすさ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

毎年恒例の「世界で一番住みやすい都市」のランキング2017年版が発表になりました。
シンガポールは何位だったでしょうか。そして実際の住みやすさは?

「世界で一番住みやすい都市」

毎年、経済誌『エコノミスト』の調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」が行っている調査結果が発表になりました。

トップ5は以下の通りです。


1位: メルボルン(オーストラリア)
2位: ウィーン(オーストリア)
3位: バンクーバー(カナダ)
4位: トロント(カナダ)
5位: カルガリー(カナダ)*同率
5位: アデレード(オーストラリア)*同率


これは、世界140の都市を、安定度、保健医療、文化・環境、教育、インフラなどを元に調査、点数を付けていき、点数の大きい都市が「住みやすい」とされます。

「東京」「大阪」は?

気になる日本の都市はと言うと・・・・



「東京」13位
 
「大阪」14位



惜しくもトップ10には入りませんでしたが、アジア地域では「東京」がナンバーワン。

シンガポールは何位?

さて、シンガポールは何位でしたでしょうか。




「シンガポール」:35位




大阪に次いでアジアではナンバー3となります。




東京・大阪から比べたら、だいぶ順位を下げた感じがしますが、実際のところはどうでしょうか。
主観的観点から見てみたいと思います。



「便利さ」

ショッピング

品揃えは日本ほどではありませんが、コンビニエンスストアや小さなお店は街中やHDBと呼ばれる団地内にあり、不便さは感じません。


多くのショッピングモールやデパートも、夜9時くらいまでは開いています。
24時間営業のスーパーも数多くあります。


日本製品も数多く販売され、ダイソーや無印良品(MUJI)も島内に数店舗あります。

タクシー

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

シンガポールでは、初乗り運賃が安い(約260円から)ため、気軽にタクシーを使う人がたくさんいます。

最近ではUberやGrabと言ったサービスを使う人も増えてきています。

MRT(地下鉄)

出典 http://img.photobucket.com

東京23区と同じくらいの面積の国土のシンガポール。
地下鉄の路線を増やしていっています。
将来的にはシンガポール全土を網羅する予定。
あちらこちらで工事が進んでいます。


MRTでは日本よりも早く、バスと共通のICカードが使われています。切符を買うこともできますが、ICカードの運賃の方がはるかにお得。タクシーではなく、公共交通機関を駆使したい旅行者は、「EZ Link(イージーリンク)」カードと呼ばれるICカードを購入し、利用する方が便利です。


チャンギ空港到着ロビーでは、「NETS(ネッツ)」と呼ばれる電子マネーカード(日本で言うと楽天EdyやWAON)が販売されています。EZ Linkカードと同じで12ドル(5ドルの返金なしのデポジット+7ドル分)で購入できます。EZ LinkカードもNETSが付いているので、NETSが使えるお店で支払いも可能です。


チャージ(Top Up「トップアップ」と言います)は駅の券売機で、現金またはNETS、クレジットカードを利用してできます。


日本では、あらかじめクレジットカードを登録しておけば交通系カード(SuicaやPaSuMoなど)にチャージできますが、券売機でクレジットカードを利用することができません。
小銭を持ち合わせていない旅行者などは、クレジットカードで券売機が利用できると便利です。



出典 http://www.vidiani.com

バス

出典 http://www.sbstransit.com.sg

バス路線も充実しています。
慣れてくると、バスを乗り継いで目的地まで行くこともできるでしょう。


こちらもEZ Linkカードを利用します。
現金でも支払えますが、行き先をドライバーに伝え小銭で運賃を払うので、慣れていないと乗り口であたふたしてしまいます。またEZ Linkカードの運賃の方がはるかに安いので、EZ Linkカードを使うことをお勧めします。


MRT(地下鉄)とバス、バスとバスを乗り継ぐ場合、一定時間内であれば「乗り継ぎ」として扱われ、最初に乗った地点から最終地点までの運賃が引き落とされます。

銀行ATM

ほとんどのATMが24時間利用できます。
 

ユニバーサルデザイン

MRTの駅には、必ず上りと下りのエスカレーターとエレベーターが設置されています。

駅のホームと電車の間には段差はありません。

ほとんどのバスが車椅子対応となり、フラットな床で乗り降りの際も簡単に補助板が取り出せます。

「柔軟さ」

日本人から見ると、ある意味「テキトー」に思えるかもしれませんが、言い方を変えれば「柔軟」とも言えます。


日本人の常識で「これダメだろうなぁ」と思っても、シンガポールでは言ってみると意外とできてしまうことも多くあります。

「安全」


CCTV(防犯カメラ)が至るところに設置されていることもありますが、シンガポールはとても安全です。通りが街頭で明るいこともありますが、夜中に女性一人で歩いていても、日本ほど不安にはなりません。

まとめ

「きちんとしていること」「いろんな制度が整っていること:「なんでも揃うこと」と言う点では、日本の方が住みやすいかもしれません。


ただ、シンガポールの方がもっと精神的にも気楽に生活できる感じがします。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ